準(?)新作『新年』公開しました

昨年織田賞に出した『新年』を大幅改造した『新年』を公開しました。ほぼ内容変わってます。基本の設定すら一部変えました。同じ作品と言っていいのか謎。2万5千字なのでちょちょいと読めます。

いまのところ三媒体で公開しています。内容は同じなのでお好きなものをどうぞ。




<うまれてはじめてかいたあらすじ>

両親から虐待を受けていた主人公の「きゅうちゃん」は、18歳の春、卒業式を終えたその日に身一つで東京へ逃げ出した。逃げた先で唯一あてにしていたのは、かつて地元で妙な宗教を広めていた怪しいおばさん。彼女が暮らす一軒家へ身を寄せ、社会人としての生活をようやく軌道に乗せはじめていた彼女に、ある年の暮れ、ふたつの災難が降りかかる。


--


サイト内で公開しているバージョン

→横書き。一番ごちゃついてないと思います。末尾におまけのプロットついてます。


BCCKSで公開しているバージョン

→縦書き。ブラウザでも読めますが、おすすめはepubです。iBooksアプリで読んだ場合、教科書体が選べるのですが、このフォントがめっちゃ読みやすいのでぜひお試しください。


楽天ブックスで公開しているバージョン

→縦書き。koboでの動作確認ができていないのですが、iPadで見た限り結構良さげです。カバーも凝ってます。


どうぞよろしく。

最新記事

すべて表示

短編『叫声』破滅派に投稿

おばんです。前回の合評会でトップ得点をいただきまして、今月の合評会「まぼろしの魚」を出題させていただく運びとなりました。自分で出したお題なのにめちゃくちゃ難しくて4,50時間くらいかなりました。大変だった 今回も評価等できますので、ぜひ見ていってください。 https://hametuha.com/novel/48377/

短編『勇次郎』破滅派合評会に提出

おじさんホストがウーバーイーツ配達に失敗する話です。 夜、ひとりでお布団の中で読むのがベストです 破滅派というオンライン文芸誌の合評会に当作品で参加しています。 アカウントがなくても評価をつけられたりするみたいなので、他の参加者のものも含めて是非お願いします。 https://hametuha.com/novel/46533/